2019年3月31日日曜日

har






春祭り、おかげでおかげで、皆様から来ていただきました。3寒4温のこの頃、30日は良いお天気で最高でした。今日は少し風もあり、雲の流れも速く少し荒れ模様でした。

相変わらずお赤飯人気でした。振る舞いはお餅と、甘酒、寒い日はやっぱり、おいしいですね。次々といつもの顔ぶれの友人知人に感謝です。

折から県会議員選挙も始まって、各陣営むら市場前の県道を通る際は、車を緩められて手を振ってゆかれます。

生まれて3週間・山羊の子3匹が子供たちの人気です。もう親の食事を横取りするほどたくましくなって来ました。この寒さもものともせずに走り回っています。

むら市場祭りの人出、天気次第もさることながら、毎回来ていただけることの感謝をするところです。おありがとうございまーす。

2019年3月29日金曜日



「朝日池のむら市場」春イベントのお知らせ、3月30日31日の2日間、春祭り開催です。

土が動いて来ましたね、まだ小さいながらお



今月の「むら市場春祭り」は30日(土曜日)と31日(日曜日)です。
こぞってお出かけください。なんといっても子ヤギが明日からお披露目予定です。

お彼岸のおはぎが人気です、桜餅、定番のプリンもロングランで売れ筋です。味噌や梅干、らっきょ漬け、が底堅く皆様に支えられて定番となっています、流行の生活習慣病を防ぐ伝統食、味噌汁や梅干、を常食とすることで健康が保てれば本当にうれしくなってしまいますね。

お赤飯も毎回沢山の数お買い求めいただき、ありがとうございます。農場のお赤飯のおいしい理由はボイラーで蒸かす合間に冷水を打つことの繰り返しがおいしさを作り上げるコツであると思っています。スタッフの汗する、努力もあること、少しわかっていただければと思います。

それにしても暖かい春が近づいており、見渡しても春近しの今の頃のうれしさは格別です、見なさq間のお越しを心よりお待ちいたしております。

2019年3月21日木曜日

オスヤギスカイ君




オスヤギのスカイ君ずっと屋内で閉じ込められていたのが昨日から引越し外の放牧場につながれて、まあまあ上機嫌、何しろ力が強いのと 見事な角で軽く挨拶してくるからかなわない。

大人一人では向かってこられたら、ちょっと危険、別に怒っているわけではないのでそんなに警戒しなくて良いのだけれど時として角でしゃくりあげてこられるとちょっと痛い目にあう。

たった1年でこんなに大きくなるのだから家畜としてはとても価値があると思う。たっぷりと餌をやっておけばゆったりといつもやさしげだ

普段は私が担当だからえさやりをしているのでそう向かっても来ないのだ、向かってこないようにこれからはゆったりと調教してやろう。そう思うと楽しみが増えた。

彼の弱さは大豆の煮たのをやるとまったく目が無い、全て忘れて食い気にはまってくれる。くず大豆とはいえ煮るとふっくらと5倍くらいの大きさになって味も最高となる煮豆となるのだから。


彼らが食べる、潤沢の青草になるのにはまだまだ2ヶ月もかかる。

2019年3月17日日曜日

子ヤギ



農場の春は子ヤギの誕生から始まります。農場の山羊飼育マニュアルに沿い稲わら定食(米ぬか、ふすま、Ca,Na)を食べていれば、健康なお産につながって心配はありません。

と思いきや、小学校から帰ったメスのみなちゃん、子ヤギの足が出てからなかなか産まれず、引っ張ってみたもののさっぱり出そうにない、久々に獣医の丸山先生にお越しいただき1時間くらいも格闘の末、見事引っ張り出し誕生ということになりました。先生ありがとうございました。おかげで母子とも元気で餌もパクパク、子山羊はもう跳ね回っています。

3頭の子ヤギがすくすくと育っています。山羊の感心することは氷が張るほどの寒い日に産まれても、まったくお構いなしに親のおっぱいに吸い付いて3日もすれば、飛び回っている彼らの強さに感服です。

寒い日はホッカイロを3枚もおなかに貼り付け、厚い防寒着を着け、なおかつ、ほっかむりしなければ寒さをしのげない超寒がり屋のわが身を反省すること、しきりです。

それにしても今回のみなちゃんの難産は一頭しか生まれなかったため、おなかの中で子ヤギが大きくなりすぎたようで、餌を後半増量したことや、小学校でおいしいものをいただき過ぎたんかなあなどと振り返っています。初産であったことも一番の原因のようです。それと予定日が確定していなかったこともあります、ともあれ親子ともげんきだったのでよかった良かったですね。

小学校のみんなもきっと喜んでいることと思います。


昨日は天候も良かったのでイチジクの周囲の雑草を削りました。イチジクの大敵、シンクイムシは下に雑草を生やすと必ずムシがイチジクの木を食します。(今年は草が生える前に木の周りを削ってーまさに草を視ずして草をとるぞ。)そんなことを自分に言い聞かせました。

もう大地の春は動いているんです。



2019年2月15日金曜日

雪降りの朝


今年一番の雪降りでした。午前3時頃に村の中の道路を除雪車が来て車が通れるように除雪してくれます。朝、鶏の餌やり他ヤギの管理などのため、畜舎までの1km近くを歩いて通います。新雪が降ってまだ薄暗い道路をゆっくり歩いて、たどり着きます。早起きの鶏はもう餌を遅しと鳴いて催促です。

ヤギも3頭が鳴いて毎食熱烈な催促です。3月始めに1頭が生まれそう、お腹がもうパンパン、従って餌の催促もハンパなく大騒ぎです。稲わらを水に浸して、ふすまと米ぬかをまぜた朝定食は、大好物、大きなバケツに半分も食べて、まずは満足、もっとも一日2食としています。臨月の動物は特におなかが大きい場合はそんなに食べるのって言うくらいに食欲が大盛なのです。

それにしても新雪の降った朝は景色が最高です。まさに童話の世界に突入したような錯覚が起こるほど、感動の世界に変わります。百姓でよかったー。この村に住んで良かったー。のひと時となるのです。

いまどきの若い人たちは村を余り良しとしない傾向がありますが、小さい頃の体験の問題なのかはたまたそれ以上に都市文化をこよなく受け入れているためなのか、ぜひもっと村の・・・農の・・・すごいところを知ってほしい。堪能して欲しいと思うのであります。

あたり一面雪で覆われた日のなんともいえない安堵感は格別です、あたり一面 白い景色、山も木も、雪で埋まって、ふんわかした景色は誰も来ない何も聞こえないそんな安心の味わいがあるのです。昔ほど雪の中にすっぽりはまった超大雪の時代とは程遠いのですが。それでも何かやさしい安堵感に包まれるのはなぜなんだろう。

でももう今年もこれで雪降りは終わりかい・・・・・。温暖化の根は深そうだ・・・






2019年2月12日火曜日

加工販売班





晴れ空から一転して雪空となった今日の午後でした。加工販売スタッフも一年中で一番それでもゆっくりできるこの2月です。でも連休はお客様で忙しいし、加工品を卸している直売所への供給もやはり土曜日曜は忙しいということになります。

そんなうれしい忙しさが続いている今日この頃です。はてさてスタッフの紹介、左から加工班長、山田絵里佳、電話受付販売管理事務長、正伯佳那子、庶務総務係長、平澤あさ子、販売部G長、高倉香、そろって皆ベテランです。

農場の強みはおいしいおはぎなど、全て手つくりでプリンは自家産の平飼い卵を使っていたり、お米はもちろん自家産、など等、基本の原料が自前であることがおいしさにつながっています。

又お赤飯や押し寿司は作り方や調味料他も半端な年数ではなく、長きにわたるベテラン調理師の研究と実行に裏打ちされたものであるからです。たとえばお赤飯、たかがお赤飯ですが数回に及ぶ、しと打ち、これも半端な苦労ではありません。ガスを止めずに蒸米機の蒸気があがっているままに其のシト打ち作業をこなします。イベント時は行列が続きます。

今月も又23日24日がイベントです。